ご契約(購入)の流れ

ご契約(購入)までの流れをご紹介します

よく物件を見定め、
「これだ!」という物件が見つかったら、いよいよ申し込みに向けて具体的に動くことになります。まず購入の申し込みをして売買契約を結ぶに至りますが、ここではその流れをきちんと把握しておきましょう。
  1. 購入物件の決定・購入の申し込み

    これだ!という物件に出会えたら、売主様に対し、”購入したい”という意思表示を書面(不動産購入申込書)で行います。これを受けて具体的な価格やご条件の交渉をしていきます。
  2. 住宅ローン事前審査

    住宅ローンご利用のお客様はこの時点で、金融機関(民間)に融資の事前審査の申し込みをします。実際の住宅ローンのお申込みは、不動産売買契約成立後となりますので、後から、”不動産購入契約はしたがローンを断られた”という事態にならないように事前に確認いたします。

  3. 物件調査

    売主様、買主様の間で不動産の購入価格および諸条件が合意に達しましたら、取引の安全を期すための物件調査をいたします。安全なお取引のために重要な作業ですので、見落としのないようしっかり調査いたします。
    不動産物件のある地域の法規制、権利関係や埋設物など、不動産物件を見ただけではわからない重要なポイントから、「建物に雨漏りはないか?」「付帯するエアコンや給湯設備、建具の建付けなどに不具合がないか?」など細かいポイントに至るまでご確認し、書面に記載しておきます。
  4. ご契約前説明・重要事項説明

    売買契約に先立ち、買主様に対して宅地建物取引業者が不動産の重要な事項について書面を交付のうえ説明するよう法律上義務づけられています。
    この書面を「重要事項説明書」といい、その説明は宅地建物取引士の資格を有する者が行います。
    「重要事項」とは、不動産売買にあたり宅建業者が買主様に説明しなければならない事項をいい登記簿記載の事項、都市計画法・建築基準法等の制限、代金授受の方法、、契約解除に関する事項などがあります。
    「重要事項説明書」に記載してる内容は、用語も内容も難しいことが多いので、不動産売買契約前にお目通しいただくことをおすすめします。内容にご不明な点がある場合は、必ず担当者にお確かめください。

  5. 不動産売買契約の締結・手付金の支払い

    「不動産売買契約書」を用いて契約を締結します。
    「不動産売買契約書」には、条件交渉で合意に達した事項を盛り込み、売主様、買主様、双方に交付します。
    契約内容を確認後、双方ご署名ご捺印をいただき、買主様が売主様に手付金をお支払いいただきましたら、無事契約成立です。不動産売買契約の締結後は、契約書の記載内容に基づいて、双方の権利や義務を履行することになります。義務に違反すると違約金の支払いが必要になる場合もありますので、不明な点は必ず担当者にご確認ください。
    また、契約時の物件状態を確認する書類として、物件調査時に作成した「物件状況等報告書」と「設備表」をお渡しします。

ページ先頭へ